MENU

無印のダイヤル式キッチンタイマーが使いにくい。口コミを信じて買った筆者の使用レビュ-

無印良品キッチンタイマー おしゃれ

『無印良品のダイヤル式キッチンタイマーTD-393』の値段は消費税込みで1,490円。

ちょっと高いけど人気商品との事なので購入しました。

しかし少し使ってみてすぐに「使いにくい。なんでこれが人気なんだろう」となり、口コミを調べてみることに。

>>Amazonで無印のダイヤル式キッチンタイマーを確認する

目次

私が無印のキッチンタイマーを購入した理由

使っていたキッチンタイマーが壊れてしまい「次のものを買わないと」と思っている時に、無印良品のダイヤル式キッチンタイマーが「TVでも紹介されたロングセラーの人気商品」と紹介されているのをみかけました。

無印良品の側面を回してセットするダイヤル式キッチンタイマーは長めの時間設定が楽そう。

最近ストウブの鍋で煮込み料理をする事が多く、20分~40分をセットする時にキッチンタイマーの分ボタンを20回~40回押すのが面倒になっていた所だったので、(長押しして、過ぎてしまったらリセットして最初からになるもの面倒)

あまり調べず無印良品のお店に来たついでに買いました。

私が無印のキッチンタイマーが使いにくいと思った理由

無印良品のダイヤル式キッチンタイマー使ってみると、なかなか時間の調節がめんどくさい。

お茶をよく飲むので1分半~2分をよく使うのですが普通のボタン式のキッチンタイマーだと一瞬。

無印のダイヤル式は手の感覚で回すので、回し過ぎてしまったりして時間調整するのに手間がかかる。

dretecの電卓式のキッチンタイマーを買えばよかったと後悔しました。

グッドデザイン賞受賞商品のタニタ デジタルタイマー。デザイナーは坪田将知さん。

以前使っていたタイマーはコレ。100均で買ったタイマーのマグネットがすぐ取れてしまったのでスーパーで買いました。結構気に入って10年以上使いました。シンプルで普通に使いやすいです。
当時は試験勉強用に机で使ったりしていたので、定位置になくても赤くて目につきやすく、見つけやすい所が好きでした。
近所のスーパーに売っていたらまた買ってたと思います。

無印良品のキッチンタイマーの悪い口コミ

なぜ評価が高いのか不思議に思って無印のキッチンタイマーの口コミを調べてみました。

悪い口コミ①すぐ壊れる

初期不良がありすぐ壊れるとの口コミがありました。

反対の長期間使っているという口コミも多く、10年使っているという口コミもありました。

無印良品のキッチンタイマーには1年間の保証書がついてくるのでハズレの個体にあたっても交換してもらえます。

※無印タイマーの製造元は大手メーカのタニタです。

無印良品キッチンタイマー 初期不良

悪い口コミ②高すぎる

キッチンタイマーは数百円でも買えるので、1000円以上は高く感じますね。

無印のキッチンタイマーの良い口コミ

無印のキッチンタイマーの良い口コミ。

1.カウントアップ機能が便利

00:00の状態でスタートボタンを押すと「00:01」「00:02」とカウントアップができます。

勉強用に使っている人が多いようです。


2.リピート機能が便利

リセットボタンを押さなければ、前回と同じ時間でセットできます。

資格試験の過去問を解く時に使えますね。


3.手が濡れていても手首で回すことができる

手の側面で回して時間をセットする事ができます。

ボタンも大きいので手首や肘で押すことができます。


4.スッキリとオシャレなデザイン


5.時間を合わせやすい。

時間を合わせやすいという口コミがたくさんありました。

6.おしゃれな勉強用・作業用のタイマーとして無印が選ばれている

勉強用や作業用のタイマーとして無印良品のキッチンタイマーとして無印良品のキッチンタイマーを購入する人も多いようです。

無印良品のキッチンタイマ―は慣れると手放せない

私は無印のキッチンタイマーは使ってみて時間の調整がめんどくさいと感じたので、口コミに「時間を合わせるのが面倒」とうい口コミが無く、「時間が合わせやすい」という口コミばかりなのを不思議に思いました。

しかし、慣れてしまうと私も時間を合わせやすいと感じるように。

私はお茶を飲む時に必ずキッチンタイマーを使うので、毎日使用していたら一ヶ月たつ頃には手が感覚を覚えてすごく使いやすくなりました。

使い続けてみて、ベストセラーな理由が分かりました。この無印のタイマーが1つあるといろいろ使えてとても便利です。

筆者が無印のキッチンタイマーが慣れたら使いやすいと思った理由

カウントアップの機能が初めて使う調理の時間を測るのに便利

カウントアップの機能、「今は特に資格の勉強をしているわけでも無いし」使う機会がないと思っていましたが意外と使えます。

例えばアマゾンでサツマイモを箱買いした場合、焼き芋にするにはこのサイズでこの鍋だとどのぐらいの時間が丁度いいのか最初に試してみますが、その際の時間を計るのに便利です。

リピート機能がホットケーキを焼く時に使える

私はよくホットケーキを作るのでですが、

焼く時時に【裏表各3分×3枚】計6回3分をセットするので、リピートの機能は便利です。

主張のないすっきりしたデザイン

なにかとゴチャつきがちな冷蔵庫のドアが定位置なので主張のないすっきりしたデザインは良いですね。

回しすぎてしまったら反対にまわして戻せる

ボタン式だと押しすぎて過ぎてしまうと最初からですが、

無印のダイヤル式は回しすぎてしまったら、反対に回して戻すことができるのが楽です。

10秒単位で設定出来る!

お茶に1分30秒ってよくあるんですよね。

ボタン式を使っていた時は30秒を設定するために秒ボタンを30回連打、もしくは長押しして過ぎてしまってリセットなんてよくしてました。

1秒単位で設定した事など一度も無いのに、無印のキッチンタイマーを使うまで使っているキッチンタイマーが1秒単位な事に不満を持たなかった事が今思えば不思議です。

まとめ

「ブログにレビュー記事を作ろう」と思いながらキッチンタイマーを買ったのですが

使いはじめは「イマイチすぎて、レビュー書けないか。。。」と思いましたが慣れたらかなり使いやすかった♪

1ヵ月ほど使って無印良品のストップウォッチは買って良かったに変わりました。

目次
トップへ
目次
閉じる